掃除屋で起業するノウハウ

お掃除ビジネスでの開業を考えた人が、はじめにもつイメージは、「仕事の内容が理解しやすい」「店舗がいらないので、開業費が安い」「自分ひとりでできそう」「資格が不要」「年齢制限がない」「大手は宣伝しているので仕事を取りやすい」といった感じでしょう。

売上に直結する「空室清掃」

売上に直結する「空室清掃」 その3

売上に直結する「空室清掃」

これら2種類以外にも、各種の不動産会社が兼業している場合は、取引先の工務店や、近隣のリフォーム店が請け負っている場合があるようです。

最近では、賃貸物件市場は、専門知識が必要とされ、兼業の業者よりも専門会社の方が、重宝がられていることが多いのです。

というのも、提供するサービスには、原状回復工事以外に、退去立会の代行や同行、賃貸物件に入居している方からの日常的なトラブルの解決、といったことがあり、不動産会社と組んで大家さんのマンションやアパート経営をサポートする仕事があるからです。 (さらに…)

売上に直結する「空室清掃」 その2

売上に直結する「空室清掃」

では、賃貸市場の構造はどのようになっているのでしょうか。

以前は、「空室清掃」単体の仕事として受注されていましたが、現在では、賃貸物権の撤去後に、次の入居者が何の問題もなく住めるようにする工事である「原状回復工事」の一部となっています。

その工事内容は、畳の裏表替え、襖の張替え、各種内装工事、に加えて空室清掃があります。 (さらに…)

売上に直結する「空室清掃」 その1

売上に直結する「空室清掃」

18年位前は、アパートやマンションの引越し後の空室清掃は、大家さん自身が行なっていたケースも多く、「空室清掃」の飛び込み営業をすると、大家さん自身から直接依頼を受けることもありました。

「空室清掃」は、特別な技術を要せずに時間をかけるだけで仕事ができるので、作業箇所を増やすことで、作業精度を上げることができるとある程度の質を保つことができます。 (さらに…)