掃除屋で起業するノウハウ

お掃除ビジネスでの開業を考えた人が、はじめにもつイメージは、「仕事の内容が理解しやすい」「店舗がいらないので、開業費が安い」「自分ひとりでできそう」「資格が不要」「年齢制限がない」「大手は宣伝しているので仕事を取りやすい」といった感じでしょう。

「お掃除ビジネス」を確実に成功させる方法 その5

「お掃除ビジネス」を確実に成功させる方法 その5

「お掃除ビジネス」を確実に成功させる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ハイブリッド型お掃除ビジネス」を展開している会社では、昨今の大不況において、比較的安定した経営を続けることができるのは、このビジネスモデルを粘り強く続けてきたからなのです。

「ハイブリッド型お掃除ビジネス」は、定期清掃と空室清掃、そして地位限定を組み合わせただけでは成立するものではありません。

一番重要な収益を上げるポイントは、スケジュールの組み方なのです。「空室清掃」は、空いた部屋の清掃ですから、時間の制約とは早朝か深夜の作業音だけです。

では、「定期清掃」に依頼先に時間の制約があるのかどうか、依頼先と作業の可能時間の傾向をみていきましょう。

各種医療関係は、主に木曜日や日祝が多いのですが、休日作業となります。ヘアーサロンは、火曜日が多い休日の作業、各種飲食店は、休日はオープン前の作業となります。

そして、各種事務所は、休日の場合もあれば、日中の事務員さんだけになる時間帯の場合もあれば、営業後に責任者だけがのこっての夜作業になる場合など、比較的時間を指定される場合が多いようです。

また、各種店舗では、定休日か開店前か閉店後のいずれかとなっています。

各種ビルやマンションの共用部は、夜間作業以外の時間的な拘束がありません。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です