掃除屋で起業するノウハウ

お掃除ビジネスでの開業を考えた人が、はじめにもつイメージは、「仕事の内容が理解しやすい」「店舗がいらないので、開業費が安い」「自分ひとりでできそう」「資格が不要」「年齢制限がない」「大手は宣伝しているので仕事を取りやすい」といった感じでしょう。

失敗しない「お掃除ビジネス」の魅力って何? その2

失敗しない「お掃除ビジネス」の魅力って何? その2

失敗しない「お掃除ビジネス」の魅力って何?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「お掃除ビジネス」で、自分の未来を切り開いていきたいと考えている方は、このような違いをよく理解したうえで、チャレンジしてほしいのです。

そして、このポイントをはずさなければ、お掃除ビジネスの成功への第一ステップは、クリアしたしたようなものです。

しかし、気をつけなければいけないことがあります。

それは、どのような商売にも言えることですが、しっかりとした目標をもって日々の業務をこなすことです。

このことがぶれてしまうと、いつのまにかただの「お掃除屋さん」になってしまう可能性があるのです。

開業当初の「お掃除ビジネス」は、前提として自分自身で現場の作業を行なうことになり、肉体労働になります。

さらに、思うように仕事が受注できていない場合には、現場の作業と平行して営業活動が主となります。

しかし、仕事が毎日入るようになると、DMを作ったり、チラシを投函したりといった、将来的な仕事を安定させるための行動が手薄になります。

とはいうものの、「お掃除ビジネス」の方法を間違わなければ、月額で30万円から50万円といった、何とか生活できるくらいの売上は保つことができるようになります。

しかし、将来の方向性をしっかりと持っておかなければ、何とか生活できるレベルに満足してしまい、日々の肉体労働による疲れから、将来を考えた営業活動ができなくなってしまうのです。

そうなってくると質もだんだんと低下することになり、数年後には、精神的にもただの「お掃除屋さん」になってしまうことも考えられるのです。

さらに、サービス精神のない仕事は、クレームを引き起こすことにもなります。

現在では、お客様が求める質は、年々上がってきています。

そのため、クレームの対応に疲れて廃業する方もいるのです。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です