掃除屋で起業するノウハウ

お掃除ビジネスでの開業を考えた人が、はじめにもつイメージは、「仕事の内容が理解しやすい」「店舗がいらないので、開業費が安い」「自分ひとりでできそう」「資格が不要」「年齢制限がない」「大手は宣伝しているので仕事を取りやすい」といった感じでしょう。

「空室清掃」を受注するには その2

「空室清掃」を受注するには その2

「空室清掃」を受注するには

このエントリーをはてなブックマークに追加

新聞折込求人の「清掃スタッフ募集」という広告も見逃さないようにしましょう。

具体的な見つけ方は、「ネット検索」です。

検索方法は、「協力業者 清掃」「協力会社 清掃」で検索すると多数の会社がヒットします。

目当ての会社が数社みつかったら、電話かメールで面接の約束をとり、面談後取引条件が決まります。

ほとんどの会社では、空室清掃の場合、「部屋の間取り」で金額が決まっているはずです。

注意点は、発注主の会社が元請かどうかです。

下請けの会社であれば、受注金額が元請より安くなっているからです。

面接の際の確認方法としては、「御社の仕事の発注先は、不動産会社さんですか?」というように確認してみるとよいでしょう。

また、1ルームなどの小さな間取りの物件を、「初めての取引なので作業代はサービスする」、といってみるとよいでしょう。

はじめからお金の話は最低限度にして、自分のスキルの高さをアピールして、継続的に取引ができるようにするべきでしょう。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です