掃除屋で起業するノウハウ

お掃除ビジネスでの開業を考えた人が、はじめにもつイメージは、「仕事の内容が理解しやすい」「店舗がいらないので、開業費が安い」「自分ひとりでできそう」「資格が不要」「年齢制限がない」「大手は宣伝しているので仕事を取りやすい」といった感じでしょう。

失敗しない「お掃除ビジネス」の魅力って何? その1

失敗しない「お掃除ビジネス」の魅力って何? その1

失敗しない「お掃除ビジネス」の魅力って何?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「お掃除ビジネス」は、職種としては建設系になり、例えば、大工さんや左官屋さんといったように「○○屋さん」の集まりであるのが、この業種の特徴です。

ということは、「お掃除ビジネス」をやる人は、「お掃除屋さん」ということになります。

しかし、このビジネスで開業するのであれば、「○○屋さん」と言われる職人を目指してはいけないのです。

お掃除ビジネスで成功する秘訣は、「サービス業」としての意識を持つことが大切なのです。

なぜかというと、例えば、個人宅のハウスクリーニングを受けた場合、職人的な感覚で頼まれたことだけをやっているのでは、スポット掃除として1回だけで仕事は終わってしまいます。

しかし、サービス業としての意識を持って受けたのであれば、作業に当たっている間に気がついたこと、日常的なお掃除アドバイスを、お客様とコミュニケーションをとりながら作業を進めていくことができます。

つまり、「サービス業」という視野をもっていると、その可能性が大きく広がっていくのです。

典型的な「お掃除屋さん」は、下請けや孫受けといったように元請会社から依頼される仕事をこなすことで収益をあげています。

しかし、「サービス業」としての「お掃除ビジネス」の特徴は、顧客を自ら開拓して、質の高いサービスを提供することによって、継続的に収益を自分自身で積み上げていくことができることです。


»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です