掃除屋で起業するノウハウ

お掃除ビジネスでの開業を考えた人が、はじめにもつイメージは、「仕事の内容が理解しやすい」「店舗がいらないので、開業費が安い」「自分ひとりでできそう」「資格が不要」「年齢制限がない」「大手は宣伝しているので仕事を取りやすい」といった感じでしょう。

売上に直結する「空室清掃」 その1

売上に直結する「空室清掃」 その1

売上に直結する「空室清掃」

このエントリーをはてなブックマークに追加

18年位前は、アパートやマンションの引越し後の空室清掃は、大家さん自身が行なっていたケースも多く、「空室清掃」の飛び込み営業をすると、大家さん自身から直接依頼を受けることもありました。

「空室清掃」は、特別な技術を要せずに時間をかけるだけで仕事ができるので、作業箇所を増やすことで、作業精度を上げることができるとある程度の質を保つことができます。

現在でも、アパートやマンションを経営している大家さんの中にが、自分で清掃を行なっている方もいたり、最近増えてきた会社員の大家さんなどは、はやりのセルフリフォームで、清掃だけではなく室内の内装を自分でしてしまう方もいるようです。

受注においては、この業界では潜在的に優秀な人材が不足しているので、しっかりとしたルートがあれば清掃技術を向上させながら稼ぐことができるのです。

「空室清掃」にスキルアップは、何を言っても場数をこなすことです。

それともうひとつ、目標の時間内に仕事を完了できるようにすることを、毎日日課とすることです。

洗剤の知識や道具の使い方も大切ですが、最も大切なのは、現場の状態で精神状態が変わらないことです。

このように「空室清掃」の特徴とは、技術や心構えによって、多少の一定しない場合がありますが、品質を守り納期を守ることで売上をつくることができることです。

「空室清掃」は、アパートやマンションが建設されている地域であれば、仕事は成立するのですが、全く業界の知識がなく営業活動をしていたのでは、以前とは異なりすぐに受注がとれることが難しくなっています。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です