掃除屋で起業するノウハウ

お掃除ビジネスでの開業を考えた人が、はじめにもつイメージは、「仕事の内容が理解しやすい」「店舗がいらないので、開業費が安い」「自分ひとりでできそう」「資格が不要」「年齢制限がない」「大手は宣伝しているので仕事を取りやすい」といった感じでしょう。

「空室清掃」を受注するには
このエントリーをはてなブックマークに追加

「空室清掃」を受注するには

「空室清掃」を受注するには その1

「お掃除ビジネス」には必要な特別なスキルはなく、あった方がよいのは経験です。

FCに加盟すれば、基本的な技術を短期間で取得することができますが、独学で「お掃除ビジネス」を開業する場合、何の経験もない状態ではじめることがお勧めできません。

お掃除業界は、アルバイト活用率が高いので、開業を希望するなら、準備期間の一環として、清掃会社でアルバイトをしてみるとよいでしょう。 (さらに…)

「空室清掃」を受注するには その2

新聞折込求人の「清掃スタッフ募集」という広告も見逃さないようにしましょう。

具体的な見つけ方は、「ネット検索」です。

検索方法は、「協力業者 清掃」「協力会社 清掃」で検索すると多数の会社がヒットします。 (さらに…)

「空室清掃」を受注するには その3

協力会社としての仕事が軌道にのると、元請になるのも方法ですが、原状回復工事専門業者がおすすめです。

賃貸物件には、退去時には敷金清算に必要があり、必要な工事、見積もり、請求書、領収書の添付が必要とされているので、すべての工事を一括で発注すると、事務処理がスムーズになるので、原状回復専門業者が受け入れられるからです。

そして、おすすめの方法は、不動産会社に「清掃作業以外は、現在の業者にしてもらい、空室清掃のみをやらせてもらえないか」と営業にいくのです。 (さらに…)