掃除屋で起業するノウハウ

お掃除ビジネスでの開業を考えた人が、はじめにもつイメージは、「仕事の内容が理解しやすい」「店舗がいらないので、開業費が安い」「自分ひとりでできそう」「資格が不要」「年齢制限がない」「大手は宣伝しているので仕事を取りやすい」といった感じでしょう。

「お掃除ビジネス」運営ノウハウのポイント
このエントリーをはてなブックマークに追加

「お掃除ビジネス」運営ノウハウのポイント

「お掃除ビジネス」運営ノウハウのポイント その1

「お掃除ビジネス」を成功させるためには、「プロ意識」をもつことです。

長く同じ仕事をしていると、「心の重力」は知らず知らずのうちにサービスの低下につながります。

これは社長だけではなく、スタッフにも言えることです。 (さらに…)

「お掃除ビジネス」運営ノウハウのポイント その2

ハウスクリーニングは、お客様の自宅に伺い作業を行なうので、代金をもらう時は、必ず作業を確認してもらいます。

これに対して、定期清掃や空室清掃は、基本的には清掃現場に大家さんや管理会社の方がいることはありません。

そのため、作業後のチェックは自分で行なわなければいけません。 (さらに…)

「お掃除ビジネス」運営ノウハウのポイント その3

「お掃除ビジネス」において、仕上りチェックの徹底ともうひとつ重要なのが、作業時に気がついた異常点を、すぐに報告するということです。

見積もりから数ヶ月経っていれば、現場の電気がきれていたり、水道関係の水漏れなどの変化がある場合があるからです。

現場に入った時に気がつき、お客様に報告していれば、直す直さないの判断や、費用負担はお客様になりますが、気がつかずに報告もなければ、その状況にはじめに気がつくのは、部屋に入居する方である場合があります。 (さらに…)

「お掃除ビジネス」運営ノウハウのポイント その4

多くの取引をしていると、付き合いにくいお客様は出てきます。

開業当時は1件でも顧客は欲しいものですから、無理してでも取引を継続する場合が多いのですが、できるだけ気持ちよく取引ができる方が健康的です。 (さらに…)